蒲田いだ耳鼻咽喉科|JR・京急蒲田駅徒歩5分|めまい・補聴器・アレルギー

医師紹介

DOCTOR

院長挨拶

蒲田いだ耳鼻咽喉科 院長 井田裕太郎

はじめまして、院長の井田裕太郎と申します。この度、曽祖父の代より歯科医院として地域医療に携わってきた地に、耳鼻咽喉科医院として開院させていただくこととなりました。蒲田駅西口の相生小学校出身で、駒場東邦中高等学校、東邦大学医学部を経て、東邦大学医療センター大森病院にて研鑽を積んでまいりました。幼少期から30年以上過ごしたこの土地で開業することは兼ねてから念願であり、喜びもひとしおではありますが、先祖代々築きあげられた地域の方々からの信頼を損なうことがあってはならないと考えると身の引き締まる思いでございます。

大学病院では、初診外来を担当させていただいたり、出向時には診療医長も経験させていただくことで数多くの疾患を経験させていただきました。めまい外来、補聴器外来も担当させていただくことで、専門性を高める努力もしてまいりました。開院後も、休診日には大学でめまい外来をお手伝いさせていただく予定です。

私の診療に対するモットーは、第1に“医療者の独りよがりにならない、患者様本人に合った最善の医療が提供する”ことです。そのためには、まずは私自身が日々進歩する医療情報の確認を怠らず、患者様に正確な情報が伝え、学会のガイドライン等で認められた医療を提供できるよう努力いたします。ただ他医師、他医療機関の診療を受けていただく必要性があると判断すれば、必ず患者様に提案し、患者様自身がご希望された場合も含め、ご自身に不利益がないよう調整いたします。

第2に“診療は看護師、診療助手、事務はもちろんのこと患者様ご本人にも積極的に参加していただいて成り立つ”ということです。医師と患者様は対等な関係性であるべきであり、それぞれがコミュニケーションをとり信頼関係を築き上げることで、医療そのものもより良いものとなると考えております。私1人の力では何も成し遂げられないものと考えております。ぜひ皆様にお力添えいただけるような診療の雰囲気づくりをしてまいりたいと考えております。最後に、私自身も日々誠実に謙虚な姿勢を心がけて診療してまいる所存ですので、患者様皆様からもご指導ご鞭撻いただければ幸いです。今後とも何卒よろしくお願いいたします。

蒲田いだ耳鼻咽喉科 院長 井田裕太郎

略歴
2007年東邦大学卒業
 東邦大学医療センター佐倉病院
2009年前期研修修了
 東邦大学医療センター大森病院
耳鼻咽喉科入局
2014~2016年国際親善総合病院 医長
2013年助教 めまい外来担当
2017年〜19年補聴器外来担当
2020年4月〜東邦大学医学部医学科 客員講師
資格
日本耳鼻咽喉科学会専門医
(めまい平衡医学会認定)めまい相談医
(日本耳鼻咽喉科学会認定)補聴器相談医
補聴器適合判定医